FXの口座開設マニュアル

当サイトのはじめに

みなさんが最近、銀行や郵便局などで預金(貯金)の金利を見たのはいつかわかりますか?

 

数年前に作った私の定期預金の金利の場合ですが、複利計算の年利で0.05%などという時代もありました。

 

確かに、ここ1〜2年の間に定期預金の金利も少しですが回復して、0.3%くらいはつくようになってきましたが、昔に比べるとまだまだ安いと思ってしまいます。

 

では、自分のお金を賢く増やすにはどうしたらいいの?

 

と、考えているならば、FXを始めてみてはいかがでしょうか?

 

難しそう・・・とか大変そう・・・といったイメージがあるかもしれませんが、きちんと勉強してから始めれば、始めに思っていたほど難しいものではないということに気がつくと思います。

 

当サイトでは、FXを始めるために必要な口座開設についての紹介などをしています。

 

これから始めようと思っている方のお役に立てれば幸いです。

何かタブーで、何かブラックな存在の包茎

そのために正しい情報がなかなか伝わらない包茎

 

私が学生の頃などは、本当に情報がなく、得体の知れない敵でも

いるかのような存在でしたが、最近はインターネットの普及で

当時に比べれば、かなりの情報があります。

 

ただ、情報自体増えたとは言え、どれが正しいのかを判断するのは

まだまだ結構難しいのも実情と言えます。

 

包茎治療包茎手術が必要な人は、どういうケースか?

包茎治療包茎手術を受けるためには、どういうところに行けばいいのか?

専門のクリニックでしかだめなのか?普通の病院でもしてくれるのか?

たった、これだけのシンプルな疑問にさえ、きちんと答えを出してくれる

情報はまだまだ少ないようです。

 

ただ最近のインターネットによって、本当は見れては行けない画像や

動画が見れてしまう訳ですが、その中でおちんちんの実情も間接的に

見れてしまう場合もあります。

 

そういうもので見れてしまうは、かなりいびつな状況と言える訳なので

なるべく早く、正しい情報をシンプルにわかるようになってほしいものです。

せっかくFXで資産運用を始めるわけですから、最初に「いつまで」に「どのくらい」お金を増やしたいか、「いくらまでなら損害がでてもいいか」、目標のためにいくらまで投資できるのかを決めておく必要がありますね。

 

投資期間と到達額をしっかり決めておかないと、人間は欲の深い生き物ですから、目標のために得た利益が「まだ利益がでるかもしれない」と、やめ時を見失い大損をしてしまうケースも少なくないです。

 

視点を変えてみると一種のギャンブルと同じです。

 

賢く利用するなら、自分が決定した期間内で得た利益、または目標の額に達した時点で、自分の夢にキッパリと意識を向け直すことが大切です。

無事、口座開設の手配が出来たら、運用する資金のことを考えましょう。

 

FXで投資によって利益を獲得する前に、自分の生活を送るだけの資金に余裕がなければなりません。

 

あたりまえのことですが、総収入の中から生活に必要な資金を確保しておかなければ、破産してしまいます。

 

投資は利益だけでなく、当然リスクも伴うものなので、自分の生活を余裕をもって遅れる状態で始めるのが利口であるといえます。

 

総収入から生活に必要な資金を除いたものを「余裕資金」と呼ぶことにします。

 

通常余裕資金は、貯蓄にまわしたり、趣味に用いる人が多いのですが、投資を始めようとする場合は、この余裕資金の中から投資に使用するといいでしょう。

 

ただ、ここで大切なのは、最初は背伸びせずに現実をふまえて、余裕資金の中でも損害がでてもいいように小額に設定することを心がけましょう。

次に「書類請求型」での口座開設方法についての紹介をしていきます

 

基本的にはオンラインと変わらないのですが、インターネットがちょっと苦手・・・という方にはこちらがオススメでしょう。

 

まず始めにやらなければいけないことは、書類請求用の申し込み用紙を手に入れることです。

 

インターネットや電話などから証券会社に問い合わせをすることができます。

 

お手元に書類が届いたら、あとはオンラインの申し込みと同様の手順で進んでいきますので、約款の同意します。

 

すると、申込書が送られてくるので、署名、捺印の上、本人確認書類とともに送付します。

 

その後、オンライン同様で、稀に確認の電話がかかってくるところもありますが、大抵、審査後スムーズにユーザーIDや振込先が自宅宛(配達記録付郵便で)郵送されてくきます。

 

資料請求型の場合、輸送に時間がかかるため、口座開設までに若干時間がかかるところが難点です。

まず始めに、オンライン申請型の口座開設についての紹介をしていきます。

 

この方法の一番初めにすることは、口座を開設したいと思う証券会社のホームページを開くことです。

 

そのページの中を見ていくと、「口座開設はコチラ」「口座のお申し込み手順」などというものを発見できると思いますので、そこをクリックしていきましょう。

 

基本的な流れはそこに書いてあるものを読めばわかるようになっています。

 

手順としては、まず、約款の同意をします。

 

次に申込書に必要事項を入力したら、印刷をします。

 

その申込書に同意したら、捺印をし、本人確認書類を添付し送付します。

 

その後、本人確認のためや最終確認のために、稀に確認の電話がかかってくることもあるようですが、大抵は、審査終了後、メールで開設完了の通知がきます。

 

初回証拠金の入金確認が完了すると、一定期間内に"ログインID"や”パスワード”がEメール、または郵送で自宅にで送られてきます。

 

会社によって、多少異なる部分があるかとはおもいますが、これが、オンラインでの口座開設の一連の流れです。

まず、銀行や郵便局などにお金を預けに行ったときのことを想像してください。

 

当たり前のことですが、お金だけ持っていっても、口座がなければお金を預けることはできませんね。

 

これと同じで、FXもお金を扱う取引なので、まずFXを行うには口座開設が必要になってきます。

 

その手順は会社によって多少異なりますが、FXの口座も基本的には銀行や郵便局などと同じような流れで進んでいきます。

 

必要なものは、ボールペンと本人確認書類、口座用の印鑑。

 

あとは手順にそって記入をしていくだけです。

 

FXの口座を開設する方法は、大まかに分けて「オンライン申請型」「書類請求型」とがあります。

 

次の2ページでこの2つについての紹介をしていきたいと思います。

最新ニュース

  • YAHOOニュース・・・ニュース速報
  • YAHOO天気・・・最新天気情報
  • YAHOOスポーツ・・・サッカー、野球、ゴルフ速報
  • YAHOO地図・・・地図の検索、ロードマップ
  • 債務整理
  • 美容皮膚科

  •  
    HOME FXの口座って? オンライン申請型 書類請求型 いくらから始める? いつまで続ける?